更年期障害で肥満になったワタシの体感記

更年期の肥満解決方法(運動編)

更年期の肥満を解消するために大事なことがあります。それは今までの生活習慣を一気に切り替える決意をするという事です。 更年期になり、誰かから注意される事も怒られる事もすくなくなり、自分の過ごしやすい生活リズムで過ごされている方が大半だと思います。わたしは、旦那よりも家庭内の発言権が強かったので、特にそういう状態でした。

しかし、この怒られない環境こそが、更年期の肥満の最大の原因だと私は考えます。怒られなければ、寝てTVをみてお菓子をつまむ、という事をとがめられる事もありません。そうなると肥満になる事は明白ですよね。もちろん、体内の女性ホルモンの減少、代謝の減少も大きく影響はしていますが、動きさえすれば補う事はできます。ですので、まずは、「意識を変える」という事を心がけて頂きたいです。 そういう意識でこの章はご覧下さいませ。

運動のコツは?

肥満の原因は習慣として(消費しているエネルギー)<(摂取しているエネルギー)となっていることです。まず一つ目の消費しているエネルギーをどのように増やしていくかをここで話していきたいと思います。

肥満を解消する為には、「続ける」という事がとにかく重要です。 1日10km歩いた、日曜日ジムに5時間いたなど…ははっきりいって一番効果がでにくいと思います。ですので、続けられる環境を作りましょう。

何度もいいますが、更年期の肥満解消の運動で重要なことは「つづける」ことです。続けなければ「習慣を改善した」とはいえません。 「楽しくつづけられる運動」を探してみることが、更年期の肥満の改善への近道だと思います。